アニメ感想 盾の勇者の成り上がり

web拍手 by FC2
第1話

無料試し読みでコミック版を1〜2話読んだことがあるだけ。

最近流行の異世界転生+最強主人公…ではなく、最底辺というかマイナスからスタートの主人公。なかなかハードだな。

勇者4人は日本から召喚されたということだが、全て異なる世界からとのこと。パラレルワールド的な感じだが、そんなややこしい設定にする必要があったのだろうか。 異世界に呼ばれたときの雰囲気としては、ふしぎ遊戯っぽい。

行った先の世界で盾の勇者が冷遇されてたのはなぜなんだろうね。元になったらしいゲームでは冷遇職らしいが、あの世界の伝承でも「盾は使えない」みたいなことがあったのだろうか。 まぁ、単純に「盾なんかで戦えるわけないだろ」という一般論によるものかもしれないが。

盾の勇者をだまくらかした女は最悪だが、金や装備が欲しいだけなら濡れ衣をかけなくても良かったはず。個人的な恨みなどあろうはずもないから、人を貶めるのが好きなだけか、被害者のふりをした方が他の勇者のところに戻りやすかったからか。

それにしても、盾が使えないというのは真実の様子。防御力は上がるから敵の攻撃でやられないが、盾自体に攻撃力がないから、攻撃手段は素手で殴るしかない。しかも、これ以外の普通の武器は装備不能という…。 アイテムの品質向上スキルなんてゲットできるあたり、タンク兼サポートに特化した職という感じか。

今後も自力でモンスターを倒すことはできなさそうだが、ラストで出てきた奴隷の亜人少女を仲間にして旅立つのかな。

第2話

ラクーン種のラフタリアを買って、地道に経験値稼ぎ。同行者に魔物を倒してもらえば経験値が入るらしいので、完全に攻撃と防御の役割分担になるな。

奴隷商人は尚文を見て気に入り、ラフタリアを選ぶこともわかっていた様子だが、何か知っている。それとも、盾の勇者という存在がそういうものなのか。

ラフタリアは両親を魔物に殺されて奴隷に落ちぶれたようで、元々戦いに優れた種族とかではなさそう。それなのに奴隷の契約で戦いを強要されるのは惨いが、尚文としても強くなってもらわなくちゃ困るし、仕方のないところか…。 ただ、食事はともかく遊び道具を与えたり、「戦わなければ見捨てる」とか言いながら双頭の魔物を相手に身を犠牲にして逃がそうとしたりと、実は大事にしているのか。

現状、ラフタリアは子どもでかわいいのだが、オープニングアニメや公式サイトを見ていると、そのうちに大人になってしまうっぽい。 どこかの段階で「○年後」とかなるのか、それともレベルを上げて進化でもするのか。

inserted by FC2 system