アニメ感想 けものフレンズ2

web拍手 by FC2
第1話

なんだろう、これじゃない感が…。

前作はほのぼのとした中に終末世界っぽい要素が見え隠れしていたのが興味を引いたのだが、今回は普通に擬人化した動物が走り回っているだけに見える。

作画は前作だってあれだったが、今回はなんとなく丸くなった上で、CGで変にぬるぬる動く。前のがいいとは言わないが、今回はさらに気持ち悪さが…。

この辺のちぐはぐ感が監督変更によるものなのかどうかは不明だが、話題性のために見る以上のものは今のところモチベーションが沸かないな〜。

そして、かばんちゃん忘れられてる!?サーバルちゃん、それはあかん!いや、存在していたことは言及されているから、そのうちに思い出すのかもしれないけど。

第2話

パンダがパンダに見えない件…。

一番の突っ込みどころは、CM明けのBパート冒頭。Aパートのラストとつながってないんですが…。 Aパートのラストで見つけたのが遊具の部品だというのはわかるが、Bパート冒頭で経過説明なしに滑り台を組み立てている。何があったんだ。

絵に描かれた場所を巡るのは良いが、せっかく見つけた公園で何かを調べるわけでもなく、ただ遊んでいただけ。家探しはどうした。

第3話

イルカとアシカのショー。ご褒美をねだるのがかわいいが、動物の擬人化というよりただのかぶり物になっているのはどうにかならんのか。

ステージが海の中に沈んでいたのはなんでなんだろうね。隣にあった施設は普通に地上に残っていたのに。海が最近物騒だというのと関係がある?

最後に出てきたのは一体誰だろう。キュルルを探してる?


ケムリクサ共々、そろそろ切ろうかとも思っていたのだが、こちらはボケーッと見ている分には悪くないので、もうちょっと継続することにする。

第4話

毎度のことながら、前回のあらすじがやたらと長い。そもそも、あらすじ必要か…?そしてオープニングに1期のキャラが登場しておきながら、今のところサーバルちゃん以外登場していない。


アリツカゲラは半ば強制的に使えもしない物件を案内してくるなど、第1話で登場したカルガモを彷彿とさせるところが。 第1期でもトキがやたらと強烈な個性を放っていたし、この作品の鳥類はこんなんばっかりか。

センザンコウとアルマジロがようやく追いついてきたが、カラカルにすごまれて引き下がっちゃいましたとさ。キュルルの身元がわかるかもだったのに〜。

第5話

ワニ対ヒョウ。現実でも希にヒョウがワニを襲うことがあるそうな。

ゴリラが強そうに見えて実は繊細というのは結構リアルか。

「ヒトに会ったことがある」というゴリラの言がどういうことなのかと思っていたが、様子のおかしなフレンズに襲われたときにそいつの気をそらせてくれたのが、どこかで見たことのある紙飛行機。 そしてその直後に現れたのが、なんと、かばんちゃん!?ここにきて再登場ですか!!

inserted by FC2 system