徒然日記

web拍手 by FC2
2018/7/18

ISLANDの第3話を視聴。

凜音が風土病でないのはあっさりと明らかに。しかし、凜音を外に引っ張り出す作戦が天岩戸なのはいいけど、棒読みで色気のかけらもない天鈿女命(アメノウズメノミコト)だな(笑)。

凜音が倒れたのはパニック障害だそうだが、その原因となる記憶がいいものであるはずはなく、昔あの小屋で会っていたという刹那との間に何かあったんだろうな。その割に、その刹那のことを楽しそうに話していたが。

夏休み中の楽しい出来事の数々が凜音の歌う曲をバックに流れていく、唐突な最終話感。原作のゲームでは、それぞれが日常エピソードとしてプレイできるのではないだろうか。

ラストで夏蓮が突然デレた(?)が、どういうことなの?


オーバーロードⅢの第2話を視聴。

本編再開。とは言っても、第2期のリザードマン編と同じく、しばらくナザリックの面々はメインにならないけど。

ンフィーレアの恋を応援してくれるゴブリンがいいやつだが、アピール指示の合図がボディビルダーのポージングなのは気のせいか(笑)。そして妙な決め台詞を吐いてエンリにドン引かれるンフィーレア、カワイソス(´・ω・)

森で戦っているとき、狼の攻撃を避けられないかと思われたタイミングで、エンリの声によりうまく避けられたゴブリン達。ゴブリン達をまとめる中でレベルが上がり習得した指揮官系のスキルによるものだろうけど、こういうちょっとした演出がいいね。 一方で、スキルとして習得していないゴブリン達は、いくら教えられても採集作業ができない。こういったところは、改めてゲームがベースになってる世界なんだなと思い出させる。

2018/7/17

邪神ちゃんドロップキックの第2話を視聴。

セリフの端々から設定は伝わってくるものの、やっぱりちゃんと説明する気はないらしい。

相変わらずギャグはノリだけで押し通す感が強く、面白くないわけではないものの、すぐに飽きる。

ここらで切ることにします。


京都寺町三条のホームズの第2話を視聴。

葵という名前で下鴨神社周辺に住んでいるということを連想したと言っていたが、そもそも葵は半年前に京都へ引っ越してきたんじゃ…?

脅迫状の差出人が妹だというのはすぐに想像がついたが、姉の方も絡んでいたとは。妹の動機は理解できるが、姉はちょっとねぇ…。妹の叱責に完全に同意である。

斎王代に選ばれたら金がかかるのは知っていたが、そんなにかかるとは…。祇園祭のお稚児さんも負けず劣らずかかるみたいだけど。


ルパン三世 PART5の第14話を視聴。

革新派によって新しい技術がどんどん取り入れられているようだが、なんかまだ現実には実用化してなさそうなのもあるし、近未来的な雰囲気になってる。

CIAがアメリカにとって都合のいい方を政権につけようと暗躍するとか、なかなか笑えない話。王女様はそのための操り人形として利用されるようだが、最後のシーンは一体…?アミとの友情は嘘だったの?

2018/7/16

はたらく細胞の第2話を視聴。

擦り傷がテーマということだったが、思ったより深刻な描写で熱い展開になった(笑)。 確かに、怪我して血管が傷ついたら血球は体外に出ちゃうよな〜。

血小板が幼稚園児でやたらとかわいいし、見ていて癒やされる。でも、とっても大事なお仕事。がんばれ〜。

赤血球や白血球達が血餅の一部になっちゃって、3日間はこのままだと言っていたけど、現実にはあれの一部になったら二度と体の中には戻れないよな〜。

2018/7/14

殺戮の天使の第2話を視聴。

オープニングでマッドカウンセラーの先生が登場していたけど、第1話で死んでるよな…。実は生きてましたオチで、今後出てきたりするのだろうか。

レイチェルの墓を壊しちゃうザックさん、やり過ぎです。レイチェルも内心かなりご立腹のようだったし。

それにしても、ザックさんが思ったよりアホキャラだった。学や知識という意味でもそうだが、キャラ的にも。


かくりよの宿飯の第15話を視聴。

軟禁されたかと思いきや、食事や寝床はなにげに好待遇だし、脱獄したのがバレたのに「なんでここにいる」だけで済まされちゃうし、結構軽いな。

初めて天神屋に来たときと同じく、従業員に邪険にされ、嫌がらせを受けるが、天神屋で葵のことを気に入ってくれた天狗の爺さんがこっちに滞在しており、また爺さんの食事を作ることで状況が好転しそう。 天神屋の時といい、この爺さんには頭が上がらないね。

ところで、その爺さん、葵に対する態度がもう孫にデレデレのお爺ちゃんそのもの。葵がお願いしたらなんでも聞いてくれそうだ(笑)。


ハイスコアガールの第1話を視聴。

原作未読。やたらと懐かしいゲーセン風景に誘われて視聴。

時代設定は1991年ということで、既にファミコンは発売されていたが、それでもアーケードゲームの人気が高かった頃。と言っても、自分はこの時代のゲーセンに通ったことはないので、1プレイ50円というのは知らなかった。

今回はスト2がメインだったが、以降は他のレトロアーケードゲームも出てくるのかね。待ちガイルとか、久々に聞いたわ。スプラッターハウスは知らないな。

雰囲気的には、からかい上手の高木さんに似ている。ヒロインが怒ったときの表情がかわいい。

2018/713

天狼 Sirius the Jaegerの第1話を視聴。

P.A. WORKSのオリジナルアニメということで、割とクォリティ高めで、ストーリーも面白そう。

ネタとしてはゴーストバスターならぬバンパイアバスターで、主人公はワーウルフでもあるらしい。目新しさはないが、キャラが格好いいので楽しめそう。

この手の作品として、第1話では調子に乗った雑魚を華麗にやっつけるみたいなパターンが多い気がするのだが、本作は追い詰めながら逆襲を受けちゃったと。


異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の第2話を視聴。

コミック版を読んでいると書いていたが、実は途中から読み始めたので、冒頭部分以外は序盤の展開を知らないんだよね。というわけで、早くも未知の領域になっている。

前に撃退した雑魚がまだ絡んできていたとは、その執念はある意味立派。もう1回くらい出てくるような気がするが。

この世界の冒険者達のレベルが低めなことについて、その理由が「ゲームでもないのに無茶して死んだら終わりだから」という、非常に納得のいくものだった。 確かにゲームなら、死んだってペナルティがあるくらいでプレーヤーは傷ひとつ受けないんだし、そのペナルティも得られるものに比べて軽ければ、少々無茶してでも危険なところに突っ込んで経験値なりアイテムなりを得ようとするわな。

朝起きたときに胸を触っていたのは非意図的なラッキースケベだが、その後で手を離さずに揉み続けるというのはただのスケベだよな〜。童貞をこじらせすぎて、本物を触ったときに制御が効かなくなったか(笑)。

2018/7/12

オーバーロードⅢの第1話を視聴。

待ってました第3期!冬アニメでやったばかりなのに、間を殆ど開けずに第3期というのが嬉しい!なんでも、第2期を制作すると決まった時点で、第3期もやることは決定していたそうな。これも偉大なる御方のおかげ!

その第3期第1話は、第2期と同様、原作では幕間などで描かれた日常(?)エピソードの詰め合わせという感じ。いや、短編集の巻だったっけ?

自分自身がブラック企業に勤めていたからか、部下達にはブラックな環境ではなくしっかり休みも取ってもらいたいと思うアインズ様だったが、皆さん、そんなことより1秒でも長くアインズ様にお仕えしたいというのだから難しい。 それでも、いろいろ言い訳をしてちゃんと休みを取らせるアインズ様、偉いね。原作ではその言い訳についても書かれていたけど、アニメでは尺の都合で一部カット。

そして女性守護者達の休日で明らかになる衝撃の事実、なんと、アルベドは処女だった!!いや、原作読んでるから知ってたけど、改めてアニメで観て爆笑だわ。 そしてこのままでは自ら召喚したバイコーン(ユニコーンの逆で処女は乗せない)に乗れない、つまり本来の力を発揮できないから、フルに能力を使えるようにするため、アインズを襲います!いや、その理屈はおかしい…のか、そうでもないのか(笑)。


かくりよの宿飯の第14話を視聴。

3分の1くらいがこれまでの回想という名の総集編で、いい加減にしろと言いたい。これまで作画が乱れまくっていたし、これで時間稼ぎをするということなのか。

そんなわけで、ストーリーは大して進まず。ライバル店が突然やってきたのは、元は向こうの店の従業員だった若旦那を連れ戻しに来たとのこと。 その判断はライバル店のボスがしたということだが、そいつはこちらの店の創設者でもあり、さらに、いろいろ謎な行動を取っていた金髪の座敷わらしだったと。

この座敷わらし、やたらと態度がでかいが、こいつに対して形としては頭を下げつつも嫌みを言ってやる大旦那が格好いい。

2018/7/11

京都寺町三条のホームズの第1話を視聴。

原作未読。京都が舞台で、探偵や警察が主人公でない推理ものという感じが面白そうだったので。

雰囲気的に、視聴前は氷菓のように、日常の中の謎を解決していくみたいなものをイメージしていたのだが、探偵役がイケメンであり、大きな悪役との対決もありそうで、どちらかというと春アニメでやっていたニル・アドミラリの天秤に似ているか? あと、キャラクターの絵が少女マンガっぽい。

舞台が骨董屋なので、骨董品に関するうんちくが聞けるのは面白い。もっとも、今後もそういうのが出てくるかはわからないが。

やや気になるのが、不自然な京都弁。と言うより、京都弁をしゃべっていること自体の不自然さ。確かに舞台は京都なのだが、若い学生があれだけはっきりと京都弁とわかる京都弁を使うことなんてないぞ。

とりあえず悪くはなさそうなので、しばらく継続。


ルパン三世 PART5の第13話を視聴。

Epsode 3開始。

久々にアミが登場!内容的にも、今回のエピソードでは継続して出てくるだろうし、楽しみ。こうして以前のEpisodeの登場人物が出てくるということは、Episode 2のアルベールも再登場するか?リニューアルした公式サイトのトップページでも描かれているし。

今回は、アミの学友の王女様がターゲット兼護衛対象というところか。王女様だからなのか本人の気質の問題なのか、やたらとフリーダムだが、そのせいで学園内では浮いている様子。 それで、同じく浮いていたアミと仲良くなったようだが、アミもあんなことをしていれば、お嬢様学校じゃ浮くよな〜。というか、学校に入るのはいいけど、なぜこんなお嬢様学校にしたんだろう。

ここしばらく活躍のなかったとっつぁんも出番があったが、なんかアミの保護者ぶりが板についているというか、ちゃんと活躍できるのだろうか(^^ゞ

逆に、不二子は意外な活躍を。あれだけの大立ち回りをするのは珍しいな。


ISLANDの第2話を視聴。

島の伝承が明らかに。これでいくと、主人公の刹那と結ばれるのは凜音ということになるのだが、伝承で刹那のことを慕っていた夏蓮はどうなるやらね。

伝承を真に受けてというか、それを理由に差別してというか、紗羅の家が放火されたらしいが、あんな小さな島の中のコミュニティでそんなことをすればすぐにバレ、逆に村八分になる気がするのだが。

凜音が太陽の光を受けられないというのを聞き、「でもオープニングで昼間の海で遊んでるけど」と思ったのだが、凜音のは本人の思い込みで、実際は病気じゃないんだとか。 こういう閉鎖空間での風土病というのは、やっぱりひぐらしをイメージしてるのかね。

ところで、主人公のビジュアルに見覚えがあると思っていたのだが、うまるちゃんのボンバに似ていた。

2018/7/10

邪神ちゃんドロップキックの第1話を視聴。

なんというか、期待ハズレ。この手の作品ではキャラの個性や立ち位置の関係性が大事なのに、その説明が一切なく、いきなり複数のキャラがダベっている状態。 今後、改めて登場シーンが入るのかもしれないが、現時点では意味不明状態。

ならば、きちんとキャラを把握した上でなら楽しめるのかというと、それも難しい気がする。ノリだけで押し切る感じが強く、ギャグが弱いし、天丼ネタも続けば飽きる。

一応、あと1話くらいは観るけど、おそらく早い段階で切るな。

2018/7/8

第1話の放送が飛ばされた殺戮の天使はスカパーの無料放送で視聴。

割とどこかで見たような設定だが、特に悪いと思うところはなく、今後の展開次第という感じ。 視聴者にも登場人物にも明かされていない設定が多そうだし、そのあたりがだんだん明らかになっていくタイプだな。

登場人物は主人公格を含めて全員イっちゃってるっぽいし、グロ要素も多め。そういうのが苦手な人には合わないかも。


はたらく細胞の第1話を視聴。

観るかどうかどうしようかなと思いつつ、ネタ的に面白そうだからと録画。

人間の体の中にある様々な細胞を擬人化するという、非常に斬新な設定。そもそも、こいつらの集合体が人間なのに、そのパーツの擬人化とは…? 言ってみれば、右手が擬人化したようなもの…って、それはミギーか(笑)。

内容は、細胞の種類ごとに役割がわかりやすく解説されていくという、非常に為になるもの。なんかNHKの教育番組に出てきてもおかしくなさそうだ。 ただし、結構細かい解説が文字情報で入り、しかも一瞬で消えてしまうこともあるため、完全に録画前提。

細胞の種類ごとに擬人化の見た目は異なり、これがなかなか秀逸。そしてヒロイン(?)の赤血球がドジっ娘属性で、突っ込みどころ満載。これはなかなかのダークホースだ。

2018/7/7

視聴予定だったかくりよの宿飯殺戮の天使が災害情報番組で潰され、代わりの放送がいつになるか不明な状態。 ことがことだから仕方がないんだけど、うっかりすると埋め合わせ放送を録り損ねることがあるので、気を付けておかないと。

2018/7/6

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の第1話を視聴。

原作小説は読んだことがないが、コミック版は連載しているのを読んでいる。

なんというか、事前にわかっていたことだが、小説版ともコミック版とも絵が違う。特にヒロインの2人。露骨にかわいい系に寄せてきているが、少々やり過ぎ感が。まぁ、他の媒体の絵を知らなければこんなものなのかもしれないが、事前情報なしでこの絵だと視聴していない可能性もあるな。

ストーリーはまだ第1話だが、セリフやエピソードをかなり端折っている感じ。特に、マンガ版(とたぶん小説版も)では町に入るときに2人が首輪を隠すシーンがあったのだが、作品のタイトル的にもそこは端折っちゃダメだろ。

お色気シーンはかなり強め。まぁ、シチュエーションがエロいというのがメインで、円盤でいろいろ解禁されるタイプのものではないと思うが。

小説版を読んでいないのでよくわからないが、オープニングやエンディングの絵を見る限り、現在コミック版の最新話でやっているエピソードが終わるあたりまでやるっぽいな。

2018/7/5

ルパン三世 PART5の第12話を視聴。

今回も単品の話。メインは五右衛門で。

またルパンのわがままに付き合わされる形になったが、五右衛門は五右衛門でターゲットといい感じになってたり。ルパンのこと言えたきりじゃないな〜。

タイトルの散財については、女に騙されて貢がされるみたいな話かと思っていたら、金持ちの日本人観光客を相手にしたぼったくりに遭うというオチだった。いちいち言われた額を払っちゃう五右衛門が世間知らずだな〜。


ISLANDの第1話を視聴。

今期開始アニメとしてはひとつめ。原作ゲームは未プレイ。

テーマとしては、タイムリープ+記憶喪失ものか。雰囲気的にひぐらしのなく頃にと近いものを感じる。

現状では何がどうなっているのかはよくわからないが、そこはだんだん明らかになっていくのだろう。

ところで、この作品ってしばらく前にキャスト変更でもめてたやつだったのか。

2018/7/4

ここ最近、忙しくてアニメが片付けられてない。と言っても、春アニメはほぼ全て終了しているが。

原因はレトロゲーを引っ張り出してプレイしているせい。


かくりよの宿飯の第13話を視聴。

コマ数不足は多少マシになった気はするが、キャラの表情が全然動かないわ、犬が凄え不自然な走り方するわ。あと1クール保つのか?

若旦那が疲労でぶっ倒れていたが、葵の料理を食べたらあっさりと復活。以前も葵の料理には霊力が含まれているとか言っていたが、殆ど万能薬じゃないか。

大旦那が完全に尻に敷かれる気満々なのが笑える。せっかく葵に頼まれて買ってきたドライイーストが結果的に必ずしも買わなくてもよかったと言われたときや、葵から米とぎを頼まれたのに暁に奪われてしまったときの表情と言ったら(笑)。

ラストは若旦那が歌う特殊エンディング。元ライバル店の人間ということで、次回あたり一悶着あるのかね。

inserted by FC2 system